LDIF データの行折り畳みを解除する - OpenLDAP と仲間たち Advent Calendar 2015 - ダメ出し Blog

2015-12-02(Wed) [openldap][ldap][shell][sh] [更新履歴]

OpenLDAP と仲間たち Advent Calendar 2015 の 2日目の記事です。

今日は LDAP におけるデータのテキスト表現である LDIF (LDAP Data Interchange Format) データの行折り畳みと、 その解除方法について解説します。

LDIF って何?

詳しくは RFC 2849 The LDAP Data Interchange Format (LDIF) - Technical Specification を読んでいただくとして、 要は LDAP でデータをやりとりするときに利用するテキストデータであり、 次のような形式をしています。

dn: エントリのDN(識別名)
属性名: 値
属性名:: 値(Base64表現)

dn: エントリのDN(識別名)
属性名: 値
属性名:: 値(Base64表現)

LDIF データは、LDAP DIT (Directory Information Tree。データベースにおける テーブルのようなもの。構造はだいぶ違うけど) のエントリ (レコードに相当するもの) そのものを表すだけでなく、エントリの追加や削除、エントリが持つ属性 (カラムに相当するもの) の追加・置換・削除といった操作も表すことができます。

行の折り畳み?

LDIF データの行の最大長は規定されてないようですが、改行 (LF または CR LF) と空白文字 (SPACE) 一つで折り畳むことができます。

RFC 2849 の「Formal Syntax Definition of LDIF」章の「Notes on LDIF Syntax」 より抜粋:

2)  Any non-empty line, including comment lines, in an LDIF file
    MAY be folded by inserting a line separator (SEP) and a SPACE.
    Folding MUST NOT occur before the first character of the line.
    In other words, folding a line into two lines, the first of
    which is empty, is not permitted. Any line that begins with a
    single space MUST be treated as a continuation of the previous
    (non-empty) line. When joining folded lines, exactly one space
    character at the beginning of each continued line must be
    discarded. Implementations SHOULD NOT fold lines in the middle
    of a multi-byte UTF-8 character.

実装によりますが、デフォルトでは 76文字か 78文字で折り畳むものが 多いようです。行折り畳みされた LDIF データの属性値の例を示します。

属性名: Blah-blah-blah...,long-long-long-long-long-long-long-long-long-long-lo
 ng-long-long-long-long-long-long value

行の折り畳みをなくしたい!

ldapsearch(1) などのコマンドラインの LDAP クライアントを利用すれば、 シェルスクリプトや LL の簡単なコードでも、LDAP DIT のデータを手軽に活用できます。 ただし、LDIF の行の折り畳みをどうにかしないといけません。ときおり、 行の折り畳みを考慮していないスクリプトを見かけるので、注意が必要です。

LDIF データ出力時に折り畳みを抑制する

幸いなことに、OpenLDAP 2.4.24 以降の ldapsearch ならば、 コマンドラインオプションに -o ldif-wrap=no を指定することで、 折り畳みを抑制することができます (実際は unsigned long の最大値で折り畳みますが、通常は問題ないでしょう)。 シェルスクリプトで利用する際はこれがお手軽でしょう。

そのほかの LDIF データを出力する実装でも、何バイトで折り畳むかを 指定したり、折り畳みを抑制するオプションが用意されています。 詳細は各実装のマニュアルやソースコードを確認してみてください。 「wrap」や「fold」といったキーワードで探すと見つかると思います。

既存 LDIF データの折り畳みを解除する

私はピュアシェル芸人なので、試しにシェルだけで実装してみました。 たぶん遅いでしょうが、素の sh でもその実体が新し目の ashdash なら動きます。

ldifunwrap.sh

ああ、手元の Debian GNU/Linux の ksh 93u+20120801-2 だと バグってて動かねぇ。またかよ。未定義のシェル変数を while ループ中で条件付き変数展開すると誤判定する模様。

$ dpkg -l ksh |tail -n1
ii  ksh            93u+20120801-2 amd64        Real, AT&T version of the Korn shell
$ ksh --version
  version         sh (AT&T Research) 93u+ 2012-08-01
$ for s in '' ba da k mk z; do
  sh=${s}sh
  echo -n "$sh:"
  (echo 1; echo 2; echo 3) \
  |${s}sh -c 'unset v; while read n; do [ -n "${v+set}" ] && echo -n "$v "; v="$n"; done; echo "$v"'
done
sh:1 2 3
bash:1 2 3
dash:1 2 3
ksh:3
mksh:1 2 3
zsh:1 2 3

閑話休題。

非ピュアなシェル芸だと sed が好みなのですが、古い sed (Solaris 10 とか) までサポートするものは困難なようですし、 GNU sed など現代の sed でも暗号めいたスクリプトになってしまうので、 個人的にはお薦めできません。

AWK であれば awk 'NR>1 && !sub(/^ /,"") { print s; s="" } {s = s $0} END {print s}' といったところでしょうか。これも古い awk だと動かない場合があるので、 環境によっては GNU AWK や nawk に代えて実行する必要があります。

Perl では perl -p00e 's/\n //g' といった例がよく紹介されますが、 これは LDIF データをすべてメモリに読み込んで一括で処理するので、 perl -pe 'BEGIN {$/=""} s/\n //gms' のように空行ごとに分割して 処理するほうが安全かもしれません。

参考:

Perl / Python などの各種 LL や C / Go などのコンパイル言語で実装された LDIF ライブラリを用いれば、より簡単・確実に折り畳み解除処理できると思います。 しかし、今回のような単純な処理では役不足ですし、厳密な LDIF 解析・出力 処理の分、処理は遅くなると思います。実際に Perl による 1-liner と Perl の Net::LDAP::LDIF を比較したことがありますが、数倍遅くなったと記憶しています。


ところで、12月25日はクリスマスな上に、 OSS 界隈で地味に活躍されているふみやすさんの誕生日ですね。
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/27M7TV8CEEF6G?sort=priority

逆に、あなたの書いた OSS や Blog や Advent Calendar が気に入ったら何か送りたく なってしまうかもしれないので、プロフィールや Web サイトに あなたの Amazon 欲しいものリストの URL を貼っておいてくださいね!


私が勤める OSSTech っていう某弊社で社員募集しているようです。 人材紹介会社を介さなければ、入社後に 20万円のボーナス! 「ふみやすっていう人に紹介された」と言ってもらえると私にもボーナス!! → http://www.osstech.co.jp/company/recruit

バツイチでアラフォーでほとんど諦めていますが、新たなパートナーも募集中です。 ちゃんと愛情表現してくれて精神的に自立している女性がいいです。お友達から始めましょう。 → https://twitter.com/satoh_fumiyasu


よろしければ、過去の Advent Calendar もどうぞ。